イベント情報

<< 前のページに戻る

2018年第2回 「Osakeテラピー」の模様をUPしました。

第2回「Osakeテラピー」スクール 2018.6.9 広島県酒造組合にて

第2回「Osake テラピー」スクール スタート!!

平成30年6月9日(土)広島県酒造組合にて、女性のためのお酒スクール 「Osakeテラピー」の第2回目が開催されました。

お酒テラピー『カラダ・ココロ・キレイ』の3つのテーマで、5月、6月、7月の全3回を予定しています。2回目となる今回は、健康 や美容に関する日本酒の効果について学びました。また、温度帯で変化する日本酒ならではの飲み比べも体験。さらに、手軽 に作れて日本酒にぴったりのおつまみレシピのレクチャーや、お待ちかねの懇親会で日本酒はもちろん、食事、会話を大いに 楽しみました。

第2回「Osake テラピー」スクール スタート!!


日本酒の美容&健康効果〜酒粕パック体験〜

まずはスタッフの方からレクチャーを受ける前に、美容効果抜群の酒粕パックに挑戦。酒粕と適量の水を入れ、すり鉢で擦ったり、 ビニール袋に入れ揉んだりして、ペースト状にしたものを手の甲にやや厚めに塗り、お話しを聞きながら10分ほど待ちます。 その後、ウエットティッシュで拭き取って肌の変化を確認。「くすみがとれて白くなった!」「しっとりなめらか」など、酒粕の効果に 感嘆の声があちらこちらからあがり、皆さん早速日本酒パワーを実感していました。

【酒粕パックの使用法】
少量の水を合わせてペースト状にした酒粕を、顔や体にやや厚めに塗り、5〜10分ほど置き、
乾く前に洗い流します。(※事前に腕の内側などで必ずパッチテストをしてから使用しましょう。)

その名の通りお酒の絞り粕である酒粕は、粕とは言え発酵食品であり、美白、保湿、老化防止などさまざまな美容効果があります。 また、ビタミンB群やアミノ酸など栄養やうまみの宝庫でもあり、悪玉と言われるLDLコレステロール値を下げ、お通じを改善してくれるパワーも秘めていると言われているので食事にも上手に取り入れて体の中から元気に、美しくなりましょう。

【酒粕を使ったお手軽レシピ】
<1.甘酒ミルク>
水の代わりに牛乳で酒粕を溶かしながら温める。砂糖はお好みの分量で。
<2.酒粕チーズトースト>
パンに酒粕を塗り、ピザ用チーズをのせ、オーブントースターで焼く。お好みでブラウンシュガー、またはハチミツをかける。
<3.酒粕入りクリームシチュー>
クリームシチューに酒粕を1人20gくらい加えて調味する。
※その他、みそ汁やアイスクリームに混ぜるなどすれば、手軽に日々の食事に取り入れることができます。

日本酒の美容&健康効果〜酒粕パック体験〜

飲み比べて実感、温度帯で変わる日本酒の味わい

お肌で美容効果を体感した後は、温度帯によって変わる日本酒の味わいを飲み比べ。1回目ではお酒の酒類で異なる味わいの 飲み比べを体験しましたが、2回目となる今日はさらにステップアップ、温度帯によって変わる日本酒の味わいを飲み比べで体感 します。日本酒をぬる燗、常温、冷酒で飲み比べてみると…「温度でこんなに味わいが変わるなんてびっくりした」「いつも冷酒 だったけど、常温も良いなと思った」「ぬる燗初体験、冬場はいいかも!?」など、温度帯によってすっかり表情が変わる日本酒に 驚きの声。日本酒の新たな扉を開いた皆さんでした。

飲み比べて実感、温度帯で変わる日本酒の味わい


お楽しみ、懇親会のスタート!!

休憩を挟んで後半は、いよいよ皆さんお待ちかねの懇親会。スタッフの方の「皆さんの美と健康を祈ってカンパイ!!」との掛け 声でスタート。 普通ならワインに添えられそうな洋風オードブルを詰め合わせたお弁当、さらに今回はおかみさんお手製の酒粕入りクリーム シチューが振る舞われ、各蔵自慢の8銘柄の日本酒と共にいただきます。 皆さん美味しいお食事と日本酒を楽しみながら、それぞれのテーブルで会話が弾みます。気になる銘柄を試しては熱心にメモ を取る姿もお酒テラピーならでは。2回目ともなると、緊張もほぐれ和気あいあいとしたムードに包まれ、前回にも増して一層の 盛り上がりを見せていました。

そして充実の二時間を過ごし、宴はいよいよお開きに。
「酒粕パックとレシピ、試してみます!」「次回までにツヤツヤ肌を目指します」
「酒蔵の貴重な話しが聞けて楽しかった」「チーズやワインに合うおつまみが、日本酒にも合うということに驚きました」
など、新たな発見や感動を実感した皆さんでした。 締めは恒例の乾杯三唱!!7月の再会を誓い、それぞれ帰途へ着きました。

お楽しみ、懇親会のスタート!!


▲PAGETOP