イベント情報

<< 前のページに戻る

2019年第3回 「Osakeテラピー」の模様をUPしました。

第3回「Osakeテラピー」スクール 2019.7.13 広島県酒造組合にて

第3回「Osake テラピー」スクール スタート!!

令和元年7月13日(土)広島県酒造組合にて、女性のためのお酒スクール 「Osakeテラピー」の第3回目が開催されました。
日本酒の3つのテラピー効果『カラダ・ココロ・キレイ』をテーマに、5月からスタートしたスクールも今日でいよいよ終了。 令和初となるスクール最終日は、雨の影響で幾つか空席のままでのスタートとなりました。

第3回「Osake テラピー」スクール


江戸時代から続く歴史ある酒蔵で…

スタッフ紹介に引き続き、三輪酒造社長であり杜氏の三輪裕治さんが紹介され、第1部の講演会開始です。
三輪講師が社長、そして杜氏を務める三輪酒造は、享保元年創業、県内屈指の歴史ある酒蔵です。広島県の東北部に位置する 神石の地に、江戸時代中期から伝わる酒蔵は、伊能忠敬による地図にも描かれているのだとか。神石高原町は、中国山脈の山 あいに位置し、三輪酒造は標高約500mに母屋・酒造蔵を構えており、貯蔵に適した涼しい夏と、氷点下を記録することも珍しくない 仕込みに最適な冬の気候が酒造りに最適の環境となっているそうです。また、裏山の浅井戸に湧く軟水は、米の旨みを引き出して くれます。そうした環境と、自らも取り組み造るこだわりの米で「米味豊かで清涼感のある味わい」のお酒造りを目指しています、と酒造りへの熱い思いを三輪講師は語ってくださいました。

講師プロフィール


第2部、懇親会の始まり!

第2部、懇親会の始まり!講演会の前半には、遅れていた参加者も揃い、休憩を挟んで第2部懇親会がいよいよスタート。
各テーブルには三輪講師たちが心を込めて造ったお酒、三輪酒造『神雷』をはじめ各蔵元渾身の銘柄が並び、三輪講師の発声でカンパイ!ラスト懇親会の始まりです。
野菜中心のお惣菜弁当をつまみながら、各酒蔵おすすめのお酒11銘柄を味わいます。お酒テラピー特注の酒粕を使ったスコーンは、「香りが良い」、「しっとりして美味しい」と好評でした。また、参加者であり、老舗の人気居酒屋『菜づけ百屋』の女将さんからは魚とごぼうで作った特製ディップも差し入れていただき、お酒と会話はさらに弾んでいました。

酒粕を使ったスコーン/魚とごぼうで作った特製ディップ


ほろよい[Osake]スペシャリスト

第1回目はお互い面識の無かった人同士とは思えないほど、日本酒を縁に打ち解け合い盛り上がったスクールですが、いよいよお 開きの時間となりました。懇親会の終わりでは、日本酒女子誰もが羨望の!?広島県酒造組合認定証がスタッフから参加者一人一人に手渡されました。認定証には『卒業生五か条』として、「広島のお酒を誰よりも素敵にのむこと。」などの教えが記されています。皆さん、感慨深そうに認定証を受け取っていました。

ほろよい[Osake]スペシャリスト


お酒テラピー卒業にあたって…

お酒テラピー全3回を終了し認定証を手にした皆さんに、スクールを終えた感想をうかがいました。
「数年越しで申し込んでいたけど、ようやく夢が叶いました!」
「広島のお酒をこれからもっと盛り上げていきたい。」
「女性が堂々と日本酒を楽しめるこういった機会があって嬉しい。」
「日本酒に関する知識だけでなく、造り手の思いを知ることもでき、とても意義ある時間でした。」
「30年、居酒屋を経営し、日本酒も提供してきたけれど、あらためて広島のお酒の魅力を知ることができ、勉強になりました。」
など、皆さんから日本酒、そしてお酒テラピーへの情熱と感謝の思いを語っていただきました。

令和初となるお酒テラピーは今回で終了。「16年目を迎えたお酒テラピーに、皆様から嬉しいお言葉をいただきました。」と、スタッフの挨拶、そして恒例のカンパイ三唱でいよいよお開きとなりました。皆さん名残惜しそうでしたが、今秋予定のOsakeテラピーパーティーでの再会を誓い、三輪講師からのお土産を手に帰途へ着きました。また秋に、再会しましょう。

お酒テラピー卒業にあたって…

▲PAGETOP