イベント情報

<< 前のページに戻る

2022年第二回 「Osakeテラピー」の模様をUPしました。

第1回「Osakeテラピー」スクール 2022.5.14 広島県酒造組合にて

第二回 「Osakeテラピー」スクール

 令和4年6月11日(土)広島県酒造組合にて、女性のためのお酒スクール「Osakeテラピー」の第二回目が開催されました。新型コロナウイルス感染拡大以降、二年振りとなる対面での開催を先月無事終了し、今回で二回目となる「Osake テラピー」日本酒の愉しみ方はもちろん、『カラダ・ココロ・キレイ』3つのテラピー効果をテーマに女性に向けて開かれるこのスクール。今回(2回目)のテーマは、「日本酒の美容効果」。飲むだけではない日本酒の美容効果をはじめ、さまざまな活用術を学びます。

第二回 「Osakeテラピー」スクール

飲むだけではない、日本酒の効用

 第二回目のテーマは、「日本酒の美容効果」について。まずは、日本酒を造る過程で出来る酒かすの美容効果について、 実践と座学で学びます。

―酒かすパックに挑戦―
○酒かす100gに水50tを加え、レンジで加熱、やわらかいペースト状にします。
○手の甲に塗って10〜15分待ちます。。

 「ひんやりして気持ちいい」、「香りがいい」など、テーブルごとに楽しそうな声。皆さん、初めての体験に興味津々です。パックの効果を待つ間、酒かすに秘められた効果について、耳を傾けます。発酵が終わったもろみを搾ったものが酒かすですが、そこにはアミノ酸、ビタミン、食物繊維、酵母などがたっぷり残っています。つまり、酒かすとは名ばかりで、日本酒の成分が凝縮された栄養豊富な発酵食品なのです。この発酵食品を生活に上手に取り入れて、美と健康に磨きをかけましょう。いろいろな栄養素が豊富な酒かすの中でも、特に注目すべきなのは"レジスタントプロテイン"という、タンパク質の一種。余分な脂を体外に排出する手助けをしてくれるとも言われています。便秘の解消にも効果的と言われ、すっきりとした体が目指せるかも・・・。他にも美肌効果や血圧を下げる作用など、たくさんの美と健康の効果があるとも言われる酒かすですが、摂りすぎは高カロリーの可能性も。また、アルコールの影響も気を付けなければいけませんが、加熱などでアルコール分をとばして上手に取り入れたいですね。

 酒かすについてのレクチャーが終わり、パック体験も終了です。ウェットティッシュで拭い、水分量をチェック。事前に量って おいた水分量から3〜4割アップの結果に、皆さん驚きの声が上がります。「しっとりしている」、「肌色が明るくなっている」など、酒かすパワーに感嘆です。

酒かすパックに挑戦


温度帯で変わる日本酒の表情

  温度帯で異なる日本酒の楽しみ方美容と健康について学んだ後は、いよいよ日本酒の登場です。日本酒の種類の違いを味わった第一回目に続き、今回は、温度帯で異なる日本酒の楽しみ方を体験します。"ぬる燗""常温""冷酒"、それぞれを飲み比べ。燗にも"日向燗""人肌燗"など幾つも呼び名と温度があり、冷やにも"雪冷え""花冷え"などさまざまです。豊かな表現とその微妙な味わいの違いが楽しめるのも日本酒の特長であり、魅力のひとつ。お燗をつくる際に便利な"お燗メーター"も紹介され、皆さん、好みの温度帯や温度による変化を味わっていました。

温度帯で変わる日本酒の表情


酒かす&日本酒レシピ紹介

 次は、酒かすや日本酒を使ったレシピの紹介です。
 酒かすは、肉を柔らかく、魚の生臭さを取ってくれるので、漬け込む調理がオススメです。また、発酵食品つながりで味噌やチーズとの相性がバツグンで、酒かすチーズトーストや、数の子の酒かす味噌漬けなど、オススメレシピが紹介されました。日本酒は野菜の色止めの効果があるので、甘酢に日本酒を加えて手作りピクルスのレシピも紹介。皆さん、真剣にメモを取っていました。

酒かす&日本酒レシピ紹介

日本酒の美容効果にカンパイ!

 休憩を挟んで、皆さん、いよいよお待ちかねの時間です。
 二回目となる今回は、洋風オードブルと日本酒の相性を体験。テーブルに華やかなオードブルが配られ、コロナ禍のお酒テラピー スクール第二回目の「カンパイ!」。まだ、シールド越しですが、みんなで味わう貴重な時間です。

 「フェイスブックに写真をアップしているから」と、料理の写真を撮る人、「酒かすパックのしっとりがまだ続いている」と酒かす効果に感心している人、「洋風なおつまみが意外と日本酒に合いますね」と笑顔の人、皆さんそれぞれに楽しみながら日本酒を味わ っていました。

日本酒の美容効果にカンパイ!

締めはやっぱりカンパイ三唱!!!

 二回目ともなるとずいぶん打ち解けて、静かな中にも交流が生まれていました。
 「このスクールで出会った方から、いろんな情報がもらえて良かった」、「同席の方やスタッフの方から教わることがたくさんあった」など、皆さんの日本酒の世界が広がりつつあるようです。

 楽しい時間はあっという間で、そろそろカンパイ三唱でお開きとなります。
 「カンパイ!」「カンパイ!!」「カンパイ!!!」早くも次で最終回、来月の再会を誓って帰途へ着きます。

締めはやっぱりカンパイ三唱!!!

▲PAGETOP